パインブリッジ・インベストメンツ株式会社はどんな企業?どんなサービスを行っている?

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社は、銀行や証券、保険会社などの機関投資家と個人投資家に対して、プライベートエクイティ、ヘッジファンド、株式、債券などの投資商品とサービスを提供している資産運用会社です。

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社は、香港のグローバルな金融グループであるパシフィック・センチュリー・グループの傘下にある資産運用会社であり、前身はエー・アイ・ジー・インベストメンツです。パシフィック・センチュリー・グループは世界中で、約820億米ドルの資産を運用しています。
パインブリッジ・インベストメンツの社名の由来として、「パイン(Pine)=松」のような成長、安定性、力強さを持つことがあります。また、ニューヨーク・マンハッタンの金融街にある「パイン通り(Pine Street)」で創業したことも意味として含まれています。さらに、お客様が掲げる運用の目標に到達するため、高品質の資産運用サービスを提供する架け橋になりたいという考えが、「橋(Bridge)」に込められているのです。

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社は、資産運用の分野で築いてきた信頼と豊富な経験を強みとしており、グローバルな運用基盤を確立しながら、お客様の要望にそった商品、サービスを提供してきたことに特徴があります。また、独立系の資産運用会社であることから、大手金融機関に比べて、お客様からの細かなニーズをくみ取りやすく、それぞれの要望に応じた資産運用ソリューションを行う取り組みに力を入れています。

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社の熟練した顧客対応スペシャリストが、世界中に散らばる運用プロフェッショナルによる最先端の金融ソリューションを選別し、日本のお客様に対してサービスを提供していきます。

高い運用成果を達成するため、お客様と確かなパートナーシップを築き、チームワークと信頼の組織文化を育成するため、行動の指針となる5つのブランド・バリューを設定しています。
1つ目は常にお客様、利害関係者と発展する道を追求するための「人間関係の構築」です。2つ目は業務を誠実に遂行するための「信用」、3つ目はパフォーマンスを常に考える「結果重視」です。4つ目はコミットメントを果たすための「責任」、5つ目は社員一人ひとりの意見を尊重する「多様性」になります。
これらのブランド・バリューに基づいて、ミッションを達成するために日々資産運用業務に取り組んでいます。

user065

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です